日本家屋ってほんまに涼しい。

令和元年6月26日。


先日ようやく徳島県も梅雨入りが発表されましたね!!


そして途端に蒸し暑くなってきました…


管理物件の紫陽花も綺麗に咲いてました★



日本家屋の涼しさ


先日南佐古五番町の築40年の平屋建ての内観写真を撮影していました。


日差しがかなり厳しい日で車内も40℃近く。


やはり締め切ったお部屋も暑かったのですが、


南側と北側の掃き出し窓を開けるとスーッと気持ちいい風が通り抜けて行きました。


これは私の体感ですが、マンションとは違う風通しのよさでした。


なんで涼しいん?


理由の1つは、やはり『 大きな軒 』。


この物件は、軒がかなり大きいわけではありませんが、


今流行りの軒が全くない建物よりだいぶ直射日光は防げます!!



2つ目は、『 続き間スタイル 』。


お寺や古民家を思い出すと、そう言えば大体は続き間になっています。

(私はサマーウォーズのイメージが強い!!今年も見ないとね!!)


窓、襖を全部開けるとお家全体に風が行き渡ります。


しかし今の生活スタイルに続き間は合わなくなってきています。

(隣部屋とのプライベート確保など)


部屋の間仕切りが多く、高気密高断熱が主流。


湿気が溜まり、カビを生やしてしまう方もかなり多いです。



3つ目は『 南北の大きな窓 』


日本家屋は壁が少なく、窓(開口)が多い。


日本の風は、夏は南東から。冬は北西から。

(この風向は徳島だけなのか??)


風が吹く方向に窓を設置すると風通し抜群です。



今ではなんでこんな間取りなん?と思うこともありますが、


昔からの知恵で、全て理由があるんですね。


これからのお部屋探し、夢のマイホーム作りにも


日本家屋の伝統を意識して取り込んでみてはどうでしょう!!





ここで登場した物件は、『藤本住宅』。

ぜひ下のバナーから物件詳細をご覧ください。


八田不動産ブログ

徳島市佐古にて49年。街の不動産屋さんをしてます。賃貸仲介・管理、売買仲介、リフォーム。不動産、プライベートから徳島のご飯などなんでもブログします。

0コメント

  • 1000 / 1000